ホーム > 研究開発

研究開発

Reserch and Development

複合型光ファイバーとは

複合型光ファイバーは、レーザー光と画像の並列伝送を可能とする光ファイバーです。
レーザー導光用ファイバー、画像伝送用ファイバーなど、 異なる用途のファイバーを一体同軸化し一つの光学系で伝送することにより、 光軸のずれを無くし、小型化を可能としました。

複合型光ファイバーの先端部にレンズを取り付けた複合型光ファイバースコープの基本構造と、カップリング装置の概要図は次のようになります。

複合型光ファイバー構成図

複合型光ファイバー構成図
複合型光ファイバー実映像

複合型光ファイバースコープからの画像とレーザー光を分離する役割を持つのがカップリング装置で、赤外レーザー光を反射する誘電体多層膜を蒸着したダイクロイックミラーを内蔵しています。複合型光ファイバースコープ端面の可視光による像を、誘電体多層膜を透過させ、カメラ(CCDまたはCMOS等)のセンサ面上に結像させます。これにより、対象物を観察しつつ、映像の中心にレーザー照射を可能にしています。

複合型光ファイバーの種類

複合型光ファイバー断面図

焼灼、PDT、血流計測等、目的に応じた様々なタイプの複合型光ファイバーの開発を行っています。

医療応用

 治療が必要な方の身体の負担を最小限に抑え、患部を見ながら精密に治療出来る器具を開発しています。
複合型光ファイバースコープは、対象物を観察しながらレーザー治療を行う技術を提供します。

医療分野応用例

医療応用適用範囲

複合型光ファイバースコープは、さまざまな医療分野における応用が期待されています。

期待される検査や治療

  • 末梢肺癌治療
  • 子宮内検査/治療
  • 小腸内検査
  • 膵臓・総胆管内検査
  • 無遮断血管倍バスツール
  • 神経内視鏡手術ツール・・・他
医療応用に関する研究開発

産業応用

 レーザー導光用と画像伝送用光ファイバーを一体同軸化することにより
目視の困難な狭い場所の溶接が容易に行えるようになります。

複合型光ファイバー
レーザートーチ

産業分野応用例

配管イラスト 配管検査補修ロボット

配管検査補修ロボット

原子力・電力・化学プラント等の配管、ビル・マンション等の配管内壁の検査と補修

ハンディトーチ 金型補修

狭隘部レーザー溶接用ハンディトーチ

複雑な鋳物の金型など目視の困難な個所の補修

産業応用に関する研究開発
ページのトップへ